砂場遊び

最近子供と久しぶりに公園に遊びに行ってきました。暑くなってきたのでただただ公園にいるだけでじんわりと汗が噴出してくるのがわかります。このままだと熱中症にすぐになりかねない気温なのでしばらくは公園に行くのも敬遠しがちになりそうな予感がします。小学校には砂場といった砂場はないですよね。あったとしても走り幅跳びといったような体育の時間に少し利用する程度で砂場遊び自体あまりしなくなります。そのせいか久しぶりに公園に来た息子は一目散に砂場に向かい1時間以上もくもくとトンネルを掘ったり、山を作ったり、持ってきた容器に水を汲んで川を作ったりとひたすら砂場遊びをしている姿を見て少し驚きました。そういえばブロック遊びや砂場で土を触る遊びは子供の情緒を安定させてよいと聞いたことがあります。心が少し不安になっているときに遊びたくなるような気もします。忙しい日々を送っていた息子にとっては砂場遊びが心地よいのかもしれません。最終的には近所のお友達も集まってきてみんなで大きな川が完成しました。崩すのがもったいなかったので携帯で写真をとってみなで元の更地に戻しておきました。たまに砂場遊びも良いものですね。